遠見書房のメルマガ

遠見書房のメルマガ
月1くらいの謙虚なメルマガです。上のバーナーをぽちっと押すと、説明ページに飛びます

2014年1月17日金曜日

遠見書房主でございます。
激しく寒いですね。

催し物の案内でございます。


ナラティヴ・コロキウム(第2回)──対人援助におけるナラティヴ──


もご紹介したいところなんでありますが,これとは別。
神戸大学森岡正芳先生からの案内がまわってきました。

==




第5回ライフヒストリー研究国際シンポジウム

語ることを方法とするライフヒストリー(ライフストーリー)に、心理学、教育学、社会学、人類学等、さまざまな方面からの関心が集まっています。今回は、フランスからニヴィアドムスキー(Niewiadomski,Ch.)教授を招いて、臨床社会学の立場から、実践=研究方法としてのライフヒストリーについて議論します。事前にお送りいただいた発表要旨を拝見して、私たちが取り組んでいる「臨床ナラティヴアプローチ」とテーマ、内容、問題意識、志向性など深く重なる内容で、しかも本邦未紹介です。よろしくご参集ください。

参加は無料、事前申し込み不要です。
 
日時:2014131()-21()
場所:神戸大学発達科学部
会場:B104131日)および大会議室(21日)
日程:131()
   1330 開会と趣旨説明 末本誠 森岡正芳  
1400 基調報告1 ニヴィアドムスキー
  『精神的健康領域における臨床ナラティヴの貢献』
 
要約: 精神的健康の臨床家は、医療的認識論と生物工学に方向づけられた社会的期待に、できる限り最も有効に応えることをいつも求められているが、今後の彼らの行動は、ますますかつ頻繁に報じられる科学的医療の進歩それ自身のせいで、患者が引き受ける長い時間への伴走という方向で展開することになるだろう。しかも患者たちは、彼らに医療的な規範とはきわめて不安定な隣接関係をもつだけの新しい生活的規範を構築するよう仕向ける、病気の経験を語ることを止めない。まさにこの点が、患者との間に「聞いてもらった」という信頼関係を生み出し得る、臨床医学的な聞き取りの姿勢を決定づけ、「ナラティヴメディスン」を重視する伴走の示し得る利点になることを示すことにしよう。

キーワード:規範、規範性、伝記的な研究、ナラティヴメディスン、ライフストーリー
 
  1545  討議
   1630  院生発表
   1730 終了 

21()   
1000 基調報告2ニヴィアドムスキー
『社会的不平等と臨床ナラティヴ:アルコール依存者たちへの伴走』
要約:このセッションでは社会的不平等に注目することが、どのようにして参加者の伝記的な軌跡の分析に依拠するライフヒストリーグループのメンバーであるアルコール依存症者に、伴走する方法における基本的臨床を支える観点になることができるかを、示してみたい。まず今日、アルコール症という概念と健康における社会的不平等という問題としての臨床医学の関わりを論じたのち、参加者たちの伝記的な軌跡に焦点を置いた伴走の方法論的な意味について触れることにしたい。きわめて異なる社会背景を出自とする二人の参加者が登場する一つの臨床例から、グループにおける相互作用についての集団的な分析が、それぞれの階級的属性と結びついた社会-心理的な機能によって基本的に規定された登場人物達の独自の歴史と、自ら結び合うかを示すことができるはずである。それによってわれわれは、一つのライフヒストリーグループの中でのこれら二つの軌跡の交錯の分析が、グループを構成する人びと全体にとって意味をもつにいたる、力強いテコになることを検討することになるだろう。

キーワード:アルコール疾患、アルコール依存症、健康の社会的不平等、伝記的な軌跡、ライフストーリー


   1200  休憩・昼食
   1300 発題
津田英二(神戸大学) 
『ナラティヴが意味を持つ場の創出へ:障害の問題の社会的共有に向けて』
   
   1500  討議およびまとめ
   1600 終了
あと懇親会
  
講師紹介:ニヴィアドムスキー(Niewiadomski,Ch.)リール第3大学人間・社会学部教授。教育科学。DECCIDDéveloppement social, Education, Culture, Communication, Information, Documentation)実践研究部門長。CIREL-Proféor研究所(Centre Interuniversitaire de Recherche en Education de Lillem EA 4354)所員を兼務する他、ASIHVIF-RBEAssociation Internationale des Histoires de Vie en Formation et de Recherche Biologique en Education)、およびIISCInstitut International de Sociologie Clinique)会員。
著作では、社会・教育的背景および健康に関する成人教育の領域おける、伝記的研究の特質を生かした研究に取り組んでいる。最近の著作の一つでは、人間・社会科学的な臨床ナラティヴと教育研究の基礎を提示しようとしている。(ニヴィアドムスキー C. 『伝記的研究と臨床ナラティヴ――現代の主体に聞くことと聴くこと――』 トゥールーズ エルス)。


==

かなーり,面白そうではないでしょうか。


フランス系です。
現代思想っぽいですね。

現象学とナラティヴが結びつくと,なんとなく,生き別れになった姉妹がようやく50年ぶりくらいに再会する,みたいな感じに思うのは,私だけでありましょうか。

 1/31-2/1は,ぜひ,神戸へ。

3/21は,こちらにお出でくださいませ。
 
 

ナラティヴ・コロキウム(第2回)──対人援助におけるナラティヴ──


0 件のコメント: